輸入車の整備・インプレッサチューニングはお任せください!会社概要
ボッシュカーサービス認定  株式会社クロスロード小山
              TEL 045-575-3872
 
4輪ホイールアライメント ダイナパック
 
 施工例  ダイナパックの説明  作業の流れ   料金
 dynapack
 

ダイナパッククロスロード小山では、2000年からダイナパック5000を導入しています。「Dynapack 5000」は
4WD・2WDに対応できるタイプです。車軸に直接、適切な負荷を適切に掛けながら測定が行え
るシャシーダイナモです。従来のローラー式のようなシャシーダイナモでは考えられなかった、
高精度な評価テストが可能です。タイヤを外して計測する為、タイヤに起因する測定誤差は全
くありません。また、安全に計測が行えます。

パワーチェックによるコンディションの確認、エンジン慣らし運転やECUセッティングなどに、ぜひ
ご活用ください。

ニュージーランド製のDynapackは、大手自動車製造メーカーやレース・チューニング業界、自動車
関連学校などに導入され活用されている信頼性の高い計測機器です。

 
ECUセッティング   エンジン慣らし   パワーチェック
   シリンダーブロック  パワー測定
 セッティング2  コンプリートエンジン  最高出力
 現在ほとんどの車は専用のECU(エンジンコンピューター)を採用しています。

ECUセッティングは、マッピング作業が中心となりますが今まではエンジンベンチ単体でセッティングするか、テストコースでのデーターロガーのフィードバックしかありませんでした。

ダイナパックで工場にいながら実走行と同等の評価テストが可能です。

適切な負荷を掛けながら計測する方法は、エンジンベンチテスターと同じです。更にハブに直結された本体が、スリップロスの無い正確なセッティングを可能にします。
 今はほとんど見なくなりましたがちょっと前の新車取り扱い説明書にはエンジンの慣らし運転の方法が記載されていました。

現在は機械精度により必要なくなった?と言われていますがそんな事はないはずです。機械部品である以上、慣らし(当たり出し)は必要と考えます。

末永く乗ろうとお考えの新車や、エンジンオーバーホール後のエンジンの早期当たり出しにダイナパックでの慣らし運転は、非常に有効です。

 今後チューニングをしようとお考えの方、すでにチューニングされている方、ノーマル車の状態チェックなど、現在のコンディションを把握できます。

ローラー式のシャシダイナモと違い、ダイナパックはタイヤを外し専用のアタッチメントを装着します。タイヤとローラーのスリップロスがなく正確なパワーとトルクを測定出来ます。

パワーチェックデータはプリントアウトしてお渡しします。

オプションでA/Fセンサーや圧力計、OBDからデータを取り込みグラフ化することも可能です。
ホーム
© 2002-2016 CROSSLOAD Koyama Corporation. All Rights Reserved.